施術前の注意,サロンに通う前

脱毛サロンの通う前の自己処理の注意点

脱毛サロンに通う前には、自己処理をしてから通わなくてはいけません。その際、カミソリやシェーバー等で処理をしていくのが一般的です。毛抜きを使って自己処理をする方法は、施術前には絶対に行ってはいけません。脱毛サロンの施術方法は、毛の黒い部分に光を反応させて焼く方法ですので、肝心な毛の黒い部分が無いと、脱毛効果が全く得られません。例えば脱毛 回数 vioなども処理する必要があります。毛を抜いても、毛乳頭が毛穴の奥に潜んでいます。本来は、それを攻撃しなければなりませんが、肝心な毛が無いので光が反応しません。よって、毛抜きで毛を抜いて施術を受けても、脱毛効果は全く意味が無くなってしまいますので、絶対やってはいけません。

施術部分には、余計な物を塗って行かない

施術部分に、日焼け止めクリームや制汗剤等を塗ったまま、施術を受ける事は避けなければなりません。それらの肌に塗る物は、毛穴を塞ぐ要因ですので、脱毛施術時に塗るジェルが上手く乗らなくなります。それだけではなく、光施術の照射が、毛穴の奥までしっかり届かない場合があります。十分な施術効果を得る事が出来なくなりますので、意味が無くなってしまいます。施術当日は、施術箇所には何も塗らずに受ける事が理想です。万が一塗ってしまった場合は、サロンのスタッフに相談をしましょう。

日焼けの肌では、施術は受けられない事があるので、要注意

日焼けしている肌では、脱毛施術を受ける事が出来ない場合があります。光脱毛は、黒色に光が反応し、焼いて処理する方法です。日焼けしている肌も黒い物と認識してしまい、照射の光で肌が焼けてしまうので、強い痛みを伴ってしまいます。それでも頑張って施術してもらったとしても、日焼けの肌にまで照射が反応してしまうので、照射範囲だけが広がってしまい、確かな脱毛効果を毛に与える事が出来なくなります。しかも、日焼けした肌は乾燥状態にある事が大半なので、照射を受ける事で更に肌トラブルが悪化し、肌のかゆみや赤み等が起きてしまいます。肌に大変負担を与え、脱毛効果も半減するので、日焼けした肌では絶対受けないようにしましょう。日焼けをしていると、受け付けてくれないサロンもあります。気になる場合は、千葉 脱毛サロンで相談してみましょう。

生理中及び生理の前後は、施術を避けるべき

生理中若しくは生理前後は、脱毛施術を受けるのは危険です。生理中や生理前後は、ホルモンバランスが乱れているので、ちょっとしたトラブルに反応しやすくなってしまいます。そんな肌状態の時に光施術を受けると、肌があからさまに反応してしまいます。異常に乾燥したり、肌荒れが起きたり、様々な肌トラブルを起こしてしまうので、大変危険です。サロンによっては、生理前後や生理中の施術を断るサロンもあります。デリケートゾーンだけを除き、施術を受けさせてくれるサロンもあります。しかし、肌状態はそういう感じなので、受けられると言われて少し考えるべきなのかもしれません。出来れば、生理中や生理前後は、tbc 脱毛 予約を明けた方が良いでしょう。